これまでの展覧会(3階鑑賞室)

安達博文の世界展 -僕の中のぼく-
2018年3月1日(木)→5月27日(日)

 森記念秋水美術館では、開館二周年を記念し、当館収蔵作家の安達博文を取り上げ「安達博文の世界―僕の中のぼく―」展を開催します。

 安達博文は1952年富山県朝日町に生まれ、東京芸術大学院を修了後、文化庁派遣芸術家在外研修員となり、イタリア・フィレンツエに留学。97年には第40回安井賞展で栄えある特別賞を受賞。以来、全国を舞台に活躍している作家です。

 日々自分と向き合い、日々の生活の中で繰り広げられる様々な心のこだわりを、あえて洒脱な軽妙さで、さらりと描く独特の世界は、テンペラ画の技法を用いることで、より登場する人物像を鮮やかに映し出し、多くの人々を魅了してきました。

 今回、長く教鞭を執った富山大学芸術文化学部の退任の節目にあわせ、初期から近年までの代表作品を厳選し、安達博文の魅力とその軌跡を辿ります。

上段左:オラ 100号F 1977年 東京藝術大学卒業制作 / 上段中:男と女 130号F 1979年 東京藝術大学大学院修了制作 / 上段右:WANGUN-虹の雨 150号P 2011年 個の地平展 / 中段左:男と女と犬 190cm×250cm 1992年 / 中段右:時の符-XXⅠ 200号変形 2017年 第91回国展 / 下段:日記2016-Ⅱ 80号F 2016年

2018年3月1日(木)→5月27日(日)

休館日=月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)

開館時間=10:00~18:00(入館は17:30まで)

入館料:一般1,000(800)円、高校生500円、中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体料金
(同時開催中の「日本刀〈地鉄の秘密〉〈刃文の不思議〉」もご覧いただけます。)
共催=北日本新聞社

安達博文氏ギャラリートーク開催
4月7日(土) 14:00〜、5月12日(土) 11:00〜 (いずれも要鑑賞券)

安達博文 略歴

1952年 富山県朝日町に生まれる
1979年 東京藝術大学大学院修了
1991年 文化庁派遣芸術家在外研修員  (イタリア・フィレンツェ/‘92まで)
1997年 第40回 安井賞展特別賞受賞
1999年 安達博文の世界展-僕の中のぼく-  池田20世紀美術館
2005年 安達博文展 現代の写楽か-安達の眼-  駒ケ根高原美術館
2017年 3月 富山大学芸術文化学部 退任
現在 国画会会員

山笑う春 〜近代日本画の四季〜
2018年1月5日(金)→2月25日(日)

近代の日本画家たちは、長い冬のあとに訪れる春の息吹を祝い、緑うるおう山々の風景や可憐な花鳥など、さまざまな風物を描きました。今展示では当館所蔵品から、早春の清新な空気を感じられる作品の数々をご紹介いたします。

上:橋本関雪「芙蓉春色図」/左下:土田麦僊「木瓜に小禽」/右下:中島千波「臥龍櫻」

2018年1月5日(金)→2月25日(日)

休館日=月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)※年末年始(12月28日〜1月4日)

開館時間=10:00~18:00(入館は17:30まで)

入館料:一般1,000(800)円、高校生500円、中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体料金
(同時開催の「日本刀 地鉄の秘密 刃文の不思議」もご覧いただけます。)

よそおう秋、眠る冬 〜近代日本画の四季〜
2017年9月30日(土)→12月27日(水)

今期は近代日本画に描かれた季節表現に注目し、とくに秋冬をテーマにした作品をご紹介いたします。堂本印象、川合玉堂、竹内栖鳳など、近代美術史を代表する画家たちが詩情豊かに描いた景色をお楽しみください。

左上:堂本印象 葡萄に遊ぶ/左下:奥田元宋 磐梯霜雪/右:川合玉堂 秋渓

2017年9月30日(土)→12月27日(水)

休館日=月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)※年末年始(12月28日〜1月4日)

開館時間=10:00~18:00(入館は17:30まで)

入館料:一般1,000(800)円、高校生500円、中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体料金
(同時開催の「日本刀〈姿の美〉」もご覧いただけます。)

所蔵コレクション
岡田繁憲展
2017年4月21日(金)→7月9日(日)

 岡田繁憲氏は富山県南砺市(旧福野町)出身で、郷土を代表する日本画家です。文化勲章受章者である故奥田元宋画伯に師事したのち、日展や日春展などを中心に受賞を重ね、現在も日本画の最前線で活躍されています。緻密な描写と鮮やかな色彩を基調に、岩絵の具を厚く塗り陰影を際立たせた作風が高く評価されています。

 今回は、森記念秋水美術館が所蔵する岡田繁憲氏の作品のうち、日展の特選に輝いた「緑陰譜」や「森の譜」などの代表作とともに、郷土富山の風景を描いた作品をご紹介します。

 鋭い観察眼と豊かな色彩をもって描かれた「自然」が放つ圧倒的な生命力と、岡田氏の人柄を感じさせる温かく穏やかな世界をご覧ください。

左:緑陰譜/右:森の譜

2017年4月21日(金)→7月9日(日)

入館料:一般1,000(800)円、高校生500円、中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体料金
(同時開催の「所蔵名品刀展 秋水の美Ⅳ」もご覧いただけます。)

SHIGENORI OKADA
日本画家 岡田 繁憲 略歴

1950年 (昭和25年) 富山県南砺市 (旧・福野町)に生まれる
1975年 (昭和50年) 第10回日春展「群鳥」初入選 全国県展選抜展で文部大臣賞
1976年 (昭和51年) 奥田元宋(1912-2003 文化勲章受章者)に師事
第8回日展「群鵜」初入選
以降、日春展・日展で活躍
1991年 (平成3年) 日春展会員となる
2004年 (平成16年) 日展会員となる
2015年 (平成27年) 富山県功労表彰

所蔵コレクション
近代日本画展
2017年1月5日(木)→4月16日(日)

 横山大観、川合玉堂など日本の近代美術史を代表する画家の作品を展示いたします。

2017年1月5日(木)→4月16日(日)

入館料:一般1,000(800)円、高校生500円、中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体料金
(同時開催の「所蔵名品刀展 秋水の美Ⅲ」もご覧いただけます)

継承される多彩な美 九谷焼ー現代の名品展
前期:2016年9月9日(金)→10月30日(日) 後期:2016年11月1日(火)→12月25日(日)

 江戸時代初期に当たる一六一〇年頃、肥前有田の地で陶石が発見され国内で始めて磁器が焼成されました。続いて一六四〇〜五〇年代には色絵技法が創始され、色絵磁器の生産も行われるようになったのです。

 ちょうど時を同じくして、大聖寺藩の九谷村でも磁石が発見されたため、有田に技法を学び色絵磁器を生産したのが九谷焼の始まりと伝わっています。近代に入ると万国博覧会へも出品され、海外でも高い評価を得るようになり、欧米を中心とした諸外国に輸出されるようになりました。九谷焼は三五〇年余りの歴史ある焼物として、現代に至るまで盛んに製作され、その作風も青手・五彩手・赤絵など多彩な広がりと美しさを見せています。 

 今回、森記念秋水美術館が所蔵する現代の九谷焼作品から厳選し、浅蔵五十吉や德田八十吉を始めとする匠の名品を展示いたします。加賀百万石が培った北陸を代表する磁器「九谷焼」、その継承された多彩な美の世界をご堪能ください。

前期:2016年9月9日(金)→10月30日(日)
後期:2016年11月1日(火)→12月25日(日)
会期中に一部の作品を入れ替えて展示いたします。

入館料:一般1,000(800)円、高校生500円、中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体料金
(同時開催の「秋水の美Ⅱ」もご覧いただけます。)

開館記念特別展
細川護熙の美と永青文庫の至宝
前期:2016年6月11日(土)→7月24日(日) 後期:2016年7月26日(火)→9月4日(日)

 このたび、細川護熙氏の作品と公益財団法人永青文庫の所蔵作品をお借りして開館記念特別展を開催する運びとなりました。

 細川護熙氏は、陶芸をはじめ、書、絵画など多岐にわたる作品を手掛ける芸術家として御活躍されています。現在では専ら、薬師寺の障壁画の製作に注力されておられます。今回の特別展では、護熙氏の芸術家としての系譜について幅広くご紹介いたします。陶芸では、茶碗を中心としながら水指や陶仏など。加えて、茶杓や軸物など茶の湯の仕立についてを展示。また屏風をはじめとした書、油絵、漆絵といった絵画に至るまで、護熙氏の芸術家としての全体像がうかがえる展示となっております。

 一方、細川護熙氏が理事長を務める永青文庫からも優品を借用致しました。この永青文庫は、昭和25年に護熙氏の祖父である第16代藩主の護立公により設立され、武人そして歌人としても著名である細川藤孝(幽斎)や千利休の高弟の一人である忠興(三斎)をはじめ、細川家に代々伝わる美術品と護立公らにより蒐集された美術品等を所蔵しています。今回は、中国の陶芸をはじめ、茶入れや三斎作の花入れ、文房四方の一つである華やかな蒔絵硯箱など、数々の優品を幅広くご紹介いたします。

前期:2016年6月11日(土)→7月24日(日)
後期:2016年7月26日(火)→9月4日(日)
会期中に一部の作品を入れ替えて展示いたします。

入館料:一般1,000(800)円、高校生500円、中学生以下無料
(同時開催の「収蔵名品展 秋水の美」もご覧いただけます。)