収蔵作品

日本刀コレクション

富山県(越中国/えっちゅうのくに)は、正宗(まさむね)の兄弟子と言われる「則重(のりしげ)」、天下三作の一人「郷義弘(ごうのよしひろ)」を輩出した地であり、室町時代には宇多派(うだは)の刀工(とうこう)が活躍した刀剣の産地でした。当館では蒐集した越中刀工のコレクションを展示し、その魅力について紹介していきます。




日本の近代美術を中心としたコレクション

横山大観、川合玉堂など日本の近代美術史を代表する画家の作品や日本、中国の陶芸や書などの所蔵作品を中心に展示していきます。


当ウェブサイトに掲載されているすべてのコンテンツ(情報、資料、画像等)を無断で複製、転用等する事を禁止いたします。